行政書士カレッジ 講座・商品

外国人在留手続の実務 技術・人文知識・国際業務

行政書士のすすめ

入管業務

外国人在留手続の実務 技術・人文知識・国際業務

行政書士による入管業務(技術・人文知識・国際業務)の対応方法についての実務教材セットとなります。この教材で入管業務(技術・人文知識・国際業務)を学ぶことで、入管業務(技術・人文知識・国際業務)の基礎知識や業務の流れ、進め方、重要ポイント、注意点、依頼者との関わり方など、実践的な内容が分かります。

担当講師 行政書士 鈴木篤

価格11,000円(税込)

                       ご購入はこちら

概要

行政書士による外国人在留手続の実務講座

「就労系」の在留資格の中で、最もスタンダードなのが「技術・人文知識・国際業務」です。ホワイトカラー職種で「サラリーマンのための在留資格」と呼ばれることもあります。
在留資格としては1つで括られていますが、実際は、「技術・人文知識」と「国際業務」とで要件が異なります。
前者の場合(エンジニア・プログラマー、経理職・総務職など)、外国人の方が大学等の教育機関で学んだ理系・文系の知識を職務で活かすことが前提となるため、修得した知識と、予定している職種・職務に関連性が求められます。後者の場合(デザイナー、通訳・翻訳者など)、実務経験が求められます。

本教材では、実務家である行政書士自ら作成しており、実務に直結する内容となっています。手続の流れはもちろん、在留資格「技術・人文知識・国際業務」の在留資格が想定する職種・職務がどのようなものか、修得した知識と従事する職種・職務との関連性の証明方法、関連する他の在留資格との相違等、重要な点を学習することができます。さらに、新入社員がホワイトカラー職種に従事する前に、スキルアップの一環として現業に携わる場合の解説も行っています。

在留資格「技術・人文知識・国際業務」の実務を学ぶことで、就労資格の基礎を身に着けることができます。レジュメだけではイメージしづらい箇所はオンライン講義を併用し、入り組んだ入管法令の体系を会得していただければと思います。

教材内容

  • 1.レジュメ(PDF:20ページ、印刷可)
  • 2.在留資格認定証明書交付申請書記載例(PDF:6ページ、印刷可)
  • 3.採用理由書(Word)
  • 4.在留カード預かり証(Word)
  • 5.労働条件通知書(Word)
  • 6.履歴書(Word)
  • 7.一週間の業務スケジュール表(Excel)
  • 8.新入社員研修計画表(Word)

講師紹介:特定行政書士 鈴木 篤

機械設計エンジニアから行政書士へ転身。
行政書士登録後は、東京都内の国際業務専門の行政書士事務所に勤務し、入管業務に携わる。
現在、合同会社法テックの代表社員を務めながら、兼業で「国際行政書士鈴木事務所」を運営。在留資格申請実績は、2018年、2019年は年間100件程度。
その他、「建設業許可申請」、「経営事項審査申請」、「入札参加資格登録申請」、「一般貨物自動車運送事業経営許可申請」、「貨物利用運送事業登録申請」、「宅地建物取引業免許申請」、「旅行業登録申請」などの許認可業務を中心に携わる。
埼玉県行政書士会大宮支部の理事を務め、 同支部研修会や資格試験学校の実務講座講師も務める。
行政書士開業書式セット集は、私がこれまでに失敗したり、作成に時間がかかったりしたものを例に厳選した書式を集約しています。新しい業務の引き合いが来た時にも、この書式セット集があれば慌てずに対応することができます。」
これから事務所開業する方や、本格的に活動を開始する方におススメです。

経歴

  • 合同会社法テック 代表社員CEO
  • 東京出入国在留管理局届出 申請取次行政書士
  • 埼玉県行政書士会大宮支部 理事
  • 2012年度行政書士試験合格
  • 2013年 行政書士登録
  • 伊藤塾行政書士実務講座 講師
    (2021年 入門マスター「行政書士法」担当)
  • Global one team Award 2020行政書士部門賞受賞

目次

第1章 手続の流れ

1.手続全体の流れ
2.申請等の種類

第2章 技術・人文知識・国際業務の要件

1.在留資格該当性
2.上陸許可基準適合性
3.相当性
4.注意事項
5.活動事例
6.高度専門職と企業内転勤との関係

第3章 必要書類(カテゴリー3)

1.基本提出書類
2.任意提出書類

第4章 書類作成

1.在留資格変更許可申請書
2.労働条件通知書
3.採用理由書
4.その他

第5章 申請

1.申請先
2.申請前の準備
3.申請方法
4.結果
5.不許可・再申請対応

第6章 申請後の対応

動画収録時間

約2時間

購入後の閲覧方法

レジュメのダウンロード

レジュメは、決済確認後にMypageよりダウンロードが可能となります。お手数ですがダウンロードの上で閲覧ください。

講義動画の視聴方法

決済確認後、原則3営業日以内にオンライン動画のURLが記載されたメールが届きます。メールは、info@hotech.co.jpよりお送りいたしますので、受信ができるようメールの設定をお願いいたします。
なお、講義動画の視聴期間は、オンライン動画のURLが記載されたメールの送信日の翌月から6か月間となります。
メールが届かない場合は、大変お手数ではございますが、下記「お問い合わせ」より「●●(※商品名をご記入ください)のオンライン動画のURLが届かない」旨のご連絡をお願い申し上げます。

ご注意

  • 講義動画視聴には必ずインターネット閲覧の環境が必要となります。
  • レジュメ、書式データ等は、マイページの各教材ページからダウンロードください。
  • 教材の購入には、マイページ登録が必須となります。
  • 各教材によって実務に関する全ての案件に対応できることを保証するわけではありません。各案件において、場合によってはイレギュラーな対応などが必要になることもございます。こうした対応によって被る不利益や損害などについては、弊社は責任を負いかねますのでご了承ください。
       
おすすめ講座